牛革の種類!ボックスカーフなど

多くの革製品は牛革から作られています。基本的には肉牛からとれる革ですが、そうは言ってもいろいろな種類があります。上質な牛革の財布を選ぶために、牛革について学びましょう。

牛革は、牛の年齢、皮の部位、飼育方法、加工方法によって特徴があり、いくつかの種類に分けられています。以下にその名称(用語)について解説します。

カーフ

生後6ヶ月以内の仔牛の革をカーフと呼びます。牛の革は一般に年齢が若いほどきめが細かく、滑らかで、傷が少なく、美しいです。したがって、牛革は牛の年齢が若いほど高級な革となります。

ベビーカーフ

カーフの中でも若い、生後3ヶ月程度の仔牛からとれる牛革で、最高級のカーフとされています。通常のカーフよりも一頭のからとれる量が少ないため、非常に高級な革です。

ボックスカーフ

ボックスカーフとは、生後3~6ヶ月の仔牛の革にクロームなめしなどで加工した革です。なめし液の中に浸ける時間が約2時間と短かく、適度なハリ(硬さ)があり、キズにも強いすぐれものの革です。紳士靴などにもよく使用されています。

表面が滑らかなタイプと、表面にシボ加工を施したタイプなどがあります。下の写真はシボ加工したココマイスターのボックスカーフ(クリスペルカーフ)の財布です。

ココマイスター クリスペルカーフ

ココマイスターの公式ページはこちら

ミネルバリスシオ

イタリアの伝統的なバケッタ製法により加工された上質な革です。イタリア・バダラッシ社が手掛ける革で、ベジタブルタンニンなめしの滑らかな革です。経年変化(エイジング)により、光沢・味わいが増します。

アメヤアンティーコ ミネルバリスシオ

ミネルバリスシオの公式ページはこちら

キップ

生後半年~2年くらいの牛の皮をなめしたものです。カーフと比較するとやや肉厚で、強度も増しますが、キメの細かさではやや劣ります。

ステアハイド

生後3~6ヶ月に去勢され、2年以上経った牝の成牛の革をステアハイドと呼びます。 厚手で耐久性に優れており、成牛にしてはキメの細かい革です。

ブライドルレザー

ブライドルレザーは、英国で馬具などに使われている伝統的な革です。一般にステアハイドなどの成牛をベジタブルタンニンでなめし、さらにロウを丁寧に染み込ませて作ります。時間とともにロウが白い粉状に浮き出てきます(これをブルームと呼びます)。これを軽く拭きとりながら使い続けることで、深い光沢が生まれまれます。

革としてスタンダードなブラック、チョコ、キャメルなどの色の他に、レッド、ブルーなどの多くのカラーバリエーションがあります。下の写真はココマイスターのブライドルレザーを使った長財布(ダークネイビー)です。

ココマイスター ブライドルグランドウォレット

ココマイスターの公式ページはこちら

オイルドレザー

通常の革でもなめした後にオイルを染み込ませますが、オイルドレザーの場合は回転式ドラムなどを使ってさらにオイルをたっぷりと染み込ませます。しっとりとした手触りが特徴です。多量のオイルにより、急速に経年変化(エイジング)が進み、光沢が増してきます。

下の写真はココマイスターのナポレオンカーフシリーズの財布です。表面がサンドペーパーで起毛してある独特のオイルドレザーです。

ココマイスター ナポレオンカーフ

ココマイスターの公式ページはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ