高価な革財布はどこが違う?

メンズの革財布は数千円の財布から数十万円もするような財布まであります。同じ財布なのになぜこれほど価格が違うのでしょうか?賢く、自分にピッタリの革財布を選ぶコツを紹介します。

革財布の価格に関係している費用は、原材料である革の費用、財布の製造費、広告・販売費、ブランド料などです。これらについて以下に述べます。

革の違いが分かることが第一歩

上の写真は、ココマイスターの中でも高級価格帯のマイスターコードバンシリーズのラウンドファスナー長財布です。上質な革は特に難しい説明をするまでもなく、理屈抜きに美しいです。コードバンは「革のダイヤモンド」とも呼ばれるほど、硬質で光沢のある革ですので、一目のその美しさがわかります。

美しさにもいろいろなタイプがあるように、革の種類によってそれぞれの美しさがあります。コードバン以外にもブライドルレザー、イタリアンレザー、オイルドレザーなど、上質で魅力的な革があります。それぞれ価格にも違いがあるのですが、一番価格に影響しているのが「希少性」、次に「加工(なめし)の費用」です。

最も希少性が高い革は、クロコダイルと象でしょう。革は言うまでもなく動物から得られるもので、クロコダイルや象も保護しなければ乱獲によって絶滅する可能性もあることから、原料となる皮を入手することが年々困難になります。特にワシントン条約に関わるようなクロコダイルと象は極めて希少で、高価な革です。

YUHAKU ユハク コブウェブ ラウンドファスナー長財布

上の写真はYUHAKUのクロコダイルラウンドファスナー財布です。

YUHAKUの公式ページはこちら

また年々希少性が高まっているのが馬革であるコードバン。農耕用馬の臀部の一部からしか取れず、1頭から採れる量が非常に少ない上、農耕用馬自体が減少しているため生産量が年々減少しています。前述のように革の質も非常に良いため高級品になっています。最近もコードバンが入手困難なことから値上げをするケースが増えています。

次に「加工(なめし)の費用」についてです。革は主にタンニンでなめしたものと、クロームでなめしたものがあります。タンニンなめしは経年変化(エイジング)が楽しめるため、革好きには人気があります。しかし、クローム鞣しに比べると手間がかかり、費用がかかります。その他にもブライドルレザーのように、時間をかけて何度も繰り返しロウを染み込ませる工程をとるものもあり、その分手間がかかっています。

革財布に色を付ける場合、顔料を塗る方法と染料で染める方法があります。顔料は革の表面を覆ってしまうのに対し、染料は染み込み、革の表情が楽しめます。しかし、染料で染める方が手間がかかるようです。前述のYUHAKUの財布は独自の技術で革を美しく染めています。

このように革の「希少性」と「加工(なめし)の費用」の点で、高価になる革財布があります。

財布の製造費:職人の仕事のレベルによる違い

上質な革があっても、それを使って財布に作り上げる職人の腕前が品質に影響するのは言うまでもありません。ブライドルレザーなどは硬いため、熟練した職人でなければ財布に作り上げられないと言われます。

実際、1万円程度の革財布と3万円程度の革財布を使ってみたところ、1万円程度の革財布は半年程度使ったところで縫製の糸がほつれてしまいました。縫製の美しさも一目でわかるほどの差があります。

熟練した職人を雇い続けるには、相応の報酬を払い続けなければなりません。それができる程度の価格で、ある程度以上の量を販売しなければなりません。そのような意味でも、上質の革を使って熟練した職人が作った革財布はそれ相応の価格になります。

広告・販売費用

革財布を販売するためには広告活動が重要です。しかし、革財布の場合、テレビCMはほとんど見かけず、雑誌広告やインターネットが中心となるようです。販売は海外ブランドのように他の商品のラインナップが多い場合には、専門のショップを出すこともありますが、百貨店などの売り場の財布コーナーなどに並べられることが多いようです。

熟練した職人が作る革財布を販売するココマイスターは、ショップを全国に6店舗だけ構え、そこで実物を見られるようにしていますが、きれいな写真をふんだんに用いたサイトを開設し、インターネット経由での販売にも力を入れています。現時点ではインターネット経由での販売の方が店舗での販売よりも多くなっています。

このようにインターネットの活用により、実店舗および販売員に要する費用を抑えることができるので、ある程度お買い得価格に抑えることができているようです。それでも全く店舗販売が無いと知名度向上に時間がかかりますので、店舗販売も重要です。

ブランド料

有名海外ブランドは、ルイビトンやブルガリのように、そのブランドだから欲しいという人が多数いらっしゃいます。その人気故に、ブランド料を価格に乗せることができます。

多くの無名ブランドもいつかはそんな人気ブランドになりたいとの志を持って、活動を続けていると思います。ココマイスターやYUHAKUもその可能性があるブランドですが、正直なところまだ有名海外ブランドほどのブランド価値ではありません。それだけに製品の価値の割にはお買い得です。

以上みてきましたように、革財布の価格はいくつかの要因によって決まります。革の品質と職人の腕前を考えると、高級革財布と言えるレベルのものは通常は2万円以上でしょう。それ以下の価格でできるのであれば驚きです。

4万円以上の革財布は、革の希少性により高額になる場合が多いようです。数十万円の革財布と3~4万円の革財布を比べると、希少性という点を除けば、安い方が著しく劣るということでもないような気がします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ