父の日に財布をプレゼント 1万円台のおすすめは?

父の日に日頃の感謝を込めて父へ財布をプレゼントしようとお考えの方、どんな財布にするか悩んでいませんか?

予算1万円台でのおすすめの財布を紹介します。

JOGGOの長財布

私の父は、比較的オシャレには無頓着で、ボロボロの財布を使っていました。

海外の有名ブランドにも興味はなく、ブランド品は「ブランド料」分割高なので、有名ブランド品よりは価格と品質重視で選ぶことにしました。

予算は1万円台。つまり1万円から2万円未満。

色々と探して選んだのがJOGGOの革財布。本革財布を自分でデザインして、オーダーメイドで作れるお店です。

JOGGOの二つ折り財布

JOGGOの公式ページはこちら

「自分でデザインする」と言うと難しく感じるかもしれませんが、ベースとなるいくつかの財布の形があり、各部分の色を13色の革から選んで決めていくだけです。

そんなに簡単なのに、組み合わせのパターンは膨大な数になり、さらに名入れもできますので、実質的に「世界で一つだけ」のオリジナル革財布が作れちゃいます。

デザインして注文すると、熟練した職人が丁寧に作ってくれます。

価格も1万円台で、これなら子供から父親へ贈るプレゼントとしても、頑張れる程度でしょう。

父の日に贈る財布は二つ折り?長財布?

JOGGOの二つ折り財布

JOGGOの公式ページはこちら

財布を買う時の重要なポイントは、「二つ折り財布」にするか?それとも「長財布」にするか?

好みを本人に確認しても良いですが、通常は今現在使っている財布と同じにすれば大丈夫でしょう。

つまり、二つ折り財布を使っている人ならば二つ折り財布を選び、長財布を使っている人ならば長財布を選べば問題ない場合がほとんどです。

JOGGOの長財布

JOGGOの公式ページはこちら

長財布には折りたためるタイプとラウンドファスナータイプがありますので、その点もチェックしましょう。

もし、事前に好みを確認でき、小銭入れを希望していればコンパクトな小銭入れを贈っても喜ばれます。

色は、本人の好みに合わせる必要があります。今、黒の革財布を使っているならば黒であれば間違い無いでしょう。

同様に茶色の財布を好んでいるようであれば、茶色にしておけば無難です。

父の日の財布を通販JOGGOで買う時の注意点

JOGGOの長財布

JOGGOの公式ページはこちら

父の日のプレゼント用にJOGGOで財布を作る際に、注意しないといけないのは納期です。

JOGGOの場合、ウェブサイトでデザインしてから注文し、それから職人が作り始めるので、どうしても商品が届くまで時間がかかります。

最長21日間を見込んでおく必要があります。

今注文するといつ届くかについては、JOGGOのウェブサイトで確認できます。注文状況によって、納期が変わりますので必ずサイトでご確認ください。

まとめ

JOGGOの長財布

JOGGOの公式ページはこちら

1.父の日のプレゼントとして、JOGGOならば1万円台でオリジナルの魅力的な本革財布が作れます。

2.二つ折り財布と長財布のいずれを選ぶかは、現在、どちらを使用しているかを参考にしましょう。

3.注文してから時間がかかるので、余裕を持って準備しましょう。

JOGGOの公式ページはこちら

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ