新品のような状態が長持ちする財布

経年変化(エイジング)する革財布を好む方もいらっしゃいますが、新品のような状態が長持ちする財布を好む方もいらっしゃいます。経年変化(エイジング)し難い革財布を紹介します!

クロームなめしをすると新品のような状態が長持ちする

財布によく用いられる高級な皮革は、馬、牛などから採られます。採った皮革を腐らないように加工することを「なめし(鞣し)」と言い、なめし加工を行う専門業者をタンナーと呼びます。

現在主流のなめし剤には、「タンニン剤」と「クローム剤」があります。タンニンは経年変化(エイジング)を起こします。また革にオイルを染み込ませると、それも経年変化を起こします。

クロム剤は塩基性硫酸クロムという化学薬品で、これでなめした革は経年変化(エイジング)が少なく、メンテナンスもほとんど必要ないという優れた特徴があります。

クロームなめしによる最高級革財布「ココマイスター クリスペルカーフシリーズ」

ココマイスター クリスペルカーフ

クロームなめしによる最高級革財布として注目なのが「ココマイスター クリスペルカーフシリーズ」です。

クリスペルカーフの美しい光沢と、表面の細かなシボ加工が高級感を演出してくれます。クロームなめしにより、傷がつきにくく、目立ちにくいため、新品の時のこの状態が長持ちします。つまり、「いつまでも新品のような革財布」です。

外装だけではなく、内装にもクリスペルカーフが使用されていますので、コインや紙幣で汚れやすい部分にも傷がつきにくくなっています。これは内装にヌメ革を使用したものと大きく異なる長所でしょう。

ココマイスターのクリスペルカーフシリーズはこちら!

サブコンテンツ

このページの先頭へ