コードバンの財布を買うなら急ぐべき?

ココマイスターのコードバンの財布が今年の4月に値上げされました。何故でしょうか?他のブランドでも値上げされるのでしょうか?もしそうであるならば、コードバンの財布を買うならば急いだ方が良いのでしょうか?以下に調査した結果をお知らせします。

コードバンの希少性により入手困難になった

コードバン(cordovan)は、農耕用馬の臀部から採れる皮革です。ウィキペディアによれば、「1頭から採れるコードバンの量はごくわずかであり、また本来はサラブレッドやポニー等の通常知られる馬からは採れず、ヨーロッパ地方で食肉用としてごく少数生産されている農耕馬からのみ副産物として採ることができるが、代用馬での生産もされている。農耕馬自体は年々生産量が低下しており、入手困難な素材になると言われ続けている。その希少性と質の高さにより動物皮革の中では特に高級品である。 コードバンを使用した製品として有名なランドセルも、現在ではそのほとんどがコードバンに似せた牛革か、合成皮革である。」とのことです。

ココマイスター コードバン

ココマイスターでの値上げの理由は、「上質なコードバンが世界的に不足しており、コードバン安定確保の為、原材料が高騰しております。」とのこと。

世界のコードバンの需要と供給の関係はよくわかりませんが、もともと希少だったものがますます入手困難になっていることは間違いないようです。このためコードバンという革を使った製品はほとんどすべて値上げされていくことになると予想されます。

やはり、コードバンの財布を買うならば急いだ方が良さそうです。

ココマイスターのコードバンの財布はこちら

コードバンの財布の魅力

高級革として有名なコードバン。すでにご存知の方も多いと思いますが、その魅力を再確認しておきましょう!

まずはこのココマイスター マイスターコードバンスカイスクレイパーの写真をご覧ください。これを見れば一目で分かりますように、非常にきめ細やかで、滑らかで、光沢のある革なんです。これが革のダイヤモンドと言われる所以です。

ココマイスターの中でもいくつかコードバンの財布がありますが、このマイスターコードバンシリーズはその最高峰で、コードバンを水性染料で染め上げています。染料は顔料と異なり、革に染み込み、革の表面を覆ってしまわないので、革そのものの良さが前面に出てきます。つまり、コードバンの魅力が最も堪能できる財布と言ってよいでしょう。

コードバンは牛革の3倍の強度があり、非常に丈夫です。私も最も好きな革の一つで、実際にコードバンの財布を使っていますが、丈夫で適度な硬さもあり、使いやすい財布です。

「最も好きな革財布を選べ!」と言われたら、今でもコードバンの財布を選びたいです。しかし、値上げされたので少々悩みますが・・・。

それでも前述のコードバンの原材料高騰の状況を考えると、今後もさらに値上がりする可能性が高いので、やはり購入するなら急いだ方が良いでしょう

ココマイスターのコードバンの財布はこちら

ココマイスター以外のコードバンの財布

コードバンはココマイスター以外にもあります。キプリスなどでは、まだ値上がりしていないこれまでの価格の製品も一部残っていますが、在庫が無くなり次第「完売」との案内が出ています。きっとその後に値上げするのでしょう。

キプリスのコードバンの財布はこちら!

水染めコードバンで有名なYUHAKUも急いだ方が良さそうです。

YUHAKUのコードバンはこちら!

以上、コードバンに関する緊急情報でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ