JOGGOでiPhone6ケースをデザインしてみました!

これまで使っていたiPhone6ケースが古くなり、傷んできたので、JOGGOで自分だけのオリジナルiPhone6ケースをデザインして購入しました。

無造作にカバンの中にiPhone6を入れても、しっかり保護してくれる手帳型が好きなので、今回はJOGGOの「本革手帳型iPhone6s/6ケース」を選びました。

JOGGOのホームページでJOGGOのiPhone6ケースのデザイン をしてみました。ベースのデザインの各パーツに、13色の本革の色をあてはめていく要領で、簡単に誰でもデザインできます。

他の人のデザイン例を見ながら自分の好みのデザインを作っていきます。いくつか試行錯誤して、最終案を決定し、注文しました。

注文したものの納品予定日がサイトに表示されています。通常3週間程度ですが、私の場合は予定より数日早く届きました。納期がずいぶんかかるように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、これはバングラデシュの工場で注文を受けて製造されているからです。

JOGGOはバングラデシュの人々とのフェアトレードをコンセプトとして設立されています。つまりバングラデシュの人々から搾取するのではなく、フェアな条件で取引し、バングラデシュの人々の経済にも貢献できるような事業としていくということです。

届いた包みを開けてみるとこのようなきれいなブルーの箱が入っていました。

JOGGO 箱

箱を開けてみるとバングラデシュのこのケースを作ってくれた人の署名が書かれたカードが入っていました。その後ろに丁寧に白い紙で包まれたiPhone6ケースが入れてありました。ちょっとバングラデシュの人々の役に立ったような気がして嬉しいです。

JOGGO 箱

私がデザインしたのは、ミッドナイトネイビーのベースにアイボリーホワイトのベルト部分がワンポイントになるデザインです。

JOGGO フロント

内側にもアイボリーホワイトを使って明るい印象にしました。この部分にJOGGOと名前を刻印してあります。刻印はゴールド、シルバー、型押しの3種類から選べます。あまり目立たない方がカッコ良いかなと思い、「型押し」タイプの刻印にしました。

JOGGO フロント

後ろ側はフロントと同じミッドナイトネイビーですので、落ち着いた感じです。

JOGGO フロント

本革は品質が良く、最初は少々硬く感じます。おそらく使っているうちになじんでくると思います。自分でデザインしたもののイメージとほぼ同じで大満足です!

JOGGOのiPhone6ケースのデザインはこちら

JOGGOのiPhone6ケースを3ヶ月使ってみて

JOGGOの本革の品質は素晴らしいです。結構手荒に使っていましたが、色の濃いミッドナイトネイビーの部分だけでなく、アイボリーホワイトの部分も汚れがほとんど感じられず、形状もしっかりしています。

そのため3ヶ月使っても新品同様です!これは結構驚きです。

iPhone6ケースは本当にピンからキリまでいろいろなものが販売されており、値段もかなり幅があります。素材も合皮のものから本革、プラスチック、金属などいろいろあります。

JOGGOを買う前に、この記事の冒頭にもありますように他のiPhone6ケースを使用していました。ホワイトの革の手帳型のケースです。

白さが気に入っていたのですが、やはりすぐに汚れ、さらには革のケースのコバ部分がボロボロになってしまい、少々みっともない状況になりました。

そのためもっと品質の良い本革のiPhone6ケースを求め、探して出会ったのがJOGGOのiPhone6ケースです。期待以上の品質に大満足です。

JOGGOのiPhone6ケースのデザインはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ